English

 

ホーム

製品紹介

チュートリアル

価格

ご注文・お見積り

ダウンロード

サポート

ご登録

よくある質問

リンク

お問い合わせ

 

 

 

  最終修正日

  2020/1/1

 

低分子理論有機化学研究 核内レセプター研究 構造バイオインフォマティクス研究 創薬化学研究

高性能、高機能タンパクモデリング機能解析システムHomology Modeling for HyperChem 史上最強計算化学環境Gaussian Interface for HyperChem 世界初完全自動インターラクティブONIOM法インターフェイス 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術を搭載 完全GUIベース分子2D-3D変換プログラム 比類なき構造ベース創薬支援システム AutoDock Vinaインシリコスクリーニングインターフェイス 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術 有機合成化学者のための論理的ドラッグデザイン MFDD インシリコ創薬受託サービス 受託計算サービス HyperChem取り扱い

 

Homology Modeling for HyperChem

Homology Modeling Professional for HyperChem, Homology Modeling for HyperChem, ONIOM Interface for Receptor, Gaussian Interface for HyperChem

 

What's New in Revision C2.

 

2008年2月24日にメジャーアップデートした最新リビジョンC2(バージョン3.23)では現在最もニーズのある植物、昆虫由来アミノ酸配列のホモロジーモデリングをロジカルに実施するための様々な独自技術をホモロジーモデリングモジュールプログラムを中心に投入。

ホモロジー検索で適切な鋳型を用意し、ClustalWなどで用意した予備的なマルチプルアラインメント情報が準備できれば、アミノ酸一致度が10%程度でもモデリング可能。

挿入配列モデリング機能が格段に向上し、数十残基のインサーションが複数ある場合でも完全全自動モデリング

ポイントミューテーション機能を追加搭載

 

旧リビジョンへの追加、変更機能は以下の通りです。

ユーザーインターフェイスをHyperChemハードユーザー対象からHyperChemビギナー対象にポリーシーの全面変更(ポリシーの切り替え可能)

HyperChemとは独立したUndo機能搭載

PDBフォーマットバージョン3.0-3.3に対応

核酸分子システムの構造精密化機能を追加

配列アラインメントへの多彩なプロパティーの反映が可能となり、よりロジカルなアライン作業環境を提供

保存されたS-S結合を自動モデリング

各モジュールプログラム内アルゴリズムのチューニング

Windows Vista対応 (Aero機能有効時のタイトルバー操作を除く)

信頼性、安定性の向上と操作性のさらなる改善

全機能を実践チュートリアル形式で紹介した日本語版ユーザーマニュアルを改訂(文献、書籍からは絶対に得られない最先端ノウハウを満載し、文章だけで約120ページにわたる詳細解説)

日本語マニュアル目次

 

 

Docking Study with HyperChem

Essential, Premium Essential, Professional, Advanced, and Ultimate

 

What's New in Revision C1.

 

旧リビジョンへの追加、変更機能は以下の通りです。

全自動タンパク・低分子フレキシブルドッキングに加え、全自動核酸・低分子フレキシブルドッキングが利用可能

化合物数の上限をなくした簡易スクリーニングオプションを追加利用可能 

ユーザーインターフェイスをHyperChemハードユーザー対象からHyperChemビギナー対象にポリーシーの全面変更(ポリシーの切り替え可能)

HyperChemとは独立したUndo機能搭載

PDBフォーマットバージョン3.0-3.3に対応

Windows Vista対応 (Aero機能有効時のタイトルバー操作を除く)

全機能を実践チュートリアル形式で紹介した日本語版ユーザーマニュアルを改訂(文献、書籍からは絶対に得られない最先端ノウハウを満載し、文章だけで約90ページにわたる詳細解説)

日本語マニュアル目次

 

下図はDocking Study with HyperChem, Rev. C1を用いたDNAとマイナーグルーブバインダーとの再ドッキングの結果です。紫色のボール&スティックが結晶構造、緑色が最安定複合体構造です。なお、ドッキングに使用した核酸分子システムはHomology Modeling Professional for HyperChem, Rev. C2で精密化しています。

DNA-Compound Docking at the Minor Groove

 

 

旧リビジョンのWhat's New

 

 

 

サイトマップ

Copyright (C) 2003-2020 Institute of Molecular Function. All Rights Reserved.