トップ

学歴

論文

著書

主要研究概要

研究教材開発

研究内容

リンク

 


論文


全ての学術論文

 

創薬化学・生物有機化学

核内受容体リガンド

Toshihiko Tashima, Hiroyuki Kagechika, Motonori Tsuji, Hiroshi Fukasawa, Emiko Kawachi, Yuichi Hashimoto, Koichi Shudo. Polyenylidene Thiazolidine Derivatives with Retinoidal Activities. Chem. Pharm. Bull.,1997, 45, 1805-1813.

Kiminori Ohta, Motonori Tsuji, Emiko Kawachi, Hiroshi Fukasawa, Yuichi Hashimoto, Koichi Shudo, Hiroyuki Kagechika. Potent Retinoid Synergists with a Diphenylamine Skeleton. Biol. Pharm. Bull.,1998, 21, 544-546.

Toru Iijima, Yasuyuki Endo, Motonori Tsuji, Emiko Kawachi, Hiroyuki Kagechika, Koichi Shudo. Dicarba-closo-dodecaboranes as a Pharmacophore. Retinoidal Antagonists and Potential Agonists. Chem. Pharm. Bull., 1999, 47, 398-404.

Masayuki Ebisawa, Hiroki Umemiya, Kiminori Ohta, Hiroshi Fukasawa, Emiko Kawachi, Ghislaine Christoffel, Hinrich Gronemeyer, Motonori Tsuji, Yuichi Hashimoto, Koichi Shudo, Hiroyuki Kagechika. Retinoid X Receptor-Antagonistic Diazepinylbenzoic Acids. Chem. Pharm. Bull.,1999, 47, 1778-1786.

その他

Motonori Tsuji, Yukiko Koiso, Hiroyasu Takahashi, Yuichi Hashimoto, Yasuyuki Endo. Modulators of Tumor Necrosis Factor a Production Bearing Dicarba-closo-dodecaborane as a Hydrophobic Pharmacophore. Biol. Pharm. Bull.,2000, 23, 513-516.

Motonori Tsuji, Eiichi Kuwano, Tetsuya Saito, Morifusa Eto. Root Growth-promoting Activities of N-Acyl-L-proline Derivatives. Biosci. Biotech. Biochem.,1992, 56, 778-782.

 

分子設計(論理的ドラッグデザイン)・インシリコ創薬

辻一徳.* 有機合成化学者のための論理的ドラッグデザイン. 分子機能研究所紀要, 2006, 1-9.

辻一徳.* 構造ベース創薬支援システム, HMHCおよびDSHCの開発. Mol. Sci., 2007, 1, NP004.

Motonori Tsuji,* Koichi Shudo, Hiroyuki Kagechika. Docking Simulations Suggest that all-trans Retinoic Acid Could Bind to Retinoid X Receptors. J. Comput. Aided Mol. Des., 2015, 29, 975-988.(概要

Motonori Tsuji.* A Ligand-Entry Surface of the Nuclear Receptor Superfamily Consists of the Helix H3 of the Ligand-Binding Domain.J. Mol. Graph. Model., 2015, 62, 262-275.(概要

Motonori Tsuji,* Koichi Shudo, Hiroyuki Kagechika. Identifying the Receptor Subtype Selectivity of Retinoid X and Retinoic Acid Receptors via Quantum Mechanics. FEBS Open Bio., 2017, 7, 391-396, DOI: 10.1002/2211-5463.12188.(概要

Motonori Tsuji.* Antagonist-Perturbation Mechanism for Activation Function-2 Fixed Motifs: Active Conformation and Docking Mode of Retinoid X Receptor Antagonists. J. Comput. Aided Mol. Des., 2017, 31, 577-585, DOI: 10.1007/s10822-017-0025-6.(概要

 

構造生物学

Motonori Tsuji.* Local Motifs Involved in the Canonical Structure of the Ligand-Binding Domain in the Nuclear Receptor Superfamily. J. Struct. Biol., 2014, 185, 355-365.(概要

 

理論化学

Tomohiko Ohwada, Masanobu Uchiyama, Motonori Tsuji, Iwao Okamoto, Koichi Shudo. Orbital Unsymmetrization of Olefins Arising from Non-equivalent Orbital Interactions. s-p Coupling in Bicyclo[2.2.2]octenes. Chem. Pharm. Bull.,1996, 44, 296-306.

Tomohiko Ohwada, Motonori Tsuji, Iwao Okamoto, Koichi Shudo. A Remote Substituent Can Determine Magnitude of Facial Selectivity in Benzobicyclo[2.2.2]octatrienes. Tetrahedron Lett., 1996, 37, 2609-2612.

Motonori Tsuji, Tomohiko Ohwada, Koichi Shudo. A cyclopropyl Group Shows Reverse Facial Selectivity Depending on the Bicyclic Ring System. Tetrahedron Lett., 1997, 38, 6693-6696.

Motonori Tsuji, Tomohiko Ohwada, Koichi Shudo. Facial Selectivities of Benzofluorenes Bearing a Carbonyl, an Olefin, or a Diene Group in Spiro Geometry. p Spiro Substituent Effects. Tetrahedron Lett., 1998, 39, 403-406.

Motonori Tsuji.* On Attempts at Generation of Carboranyl Carbocation. J. Org. Chem., 2003, 68, 9589-9597.(概要

Motonori Tsuji.* Most Stable Conformation of the Cyclopropane Ring Attached at a Carbon Atom in a 1,2-Dicarba-closo-dodecaborane(12) System. J. Org. Chem., 2004, 69, 4063-4074.(概要

Motonori Tsuji.* Geometrical Dependence of the Highest Occupied Molecular Orbital in Bicyclic Systems: p Facial Stereoselectivity of Bicyclic and Tricyclic Olefins. Asian J. Org. Chem., 2015, 4, 659-673.(概要

 

無機化学

Yasuyuki Endo, Kyoko Yaguchi, Motonori Tsuji, Kentaro Yamaguchi, Koichi Shudo. Functionalization of Polymethylcarboranes. Preparation and Reactivity of 2,3,4,5,6,7,8,9,10,11-Decamethyl-1,12-dicarba-closo-dodecaborane(12)-1-carboxylic Acid. Chem. Pharm. Bull., 1999, 47, 699-701.

 

 


学位論文


 

辻一徳.*ビシクロおよびスピロオレフィンの反応面選択性を決定する軌道相互作用」、東京大学、薬学博士、第13735号、172頁、1998311日、主査:首藤紘一教授、柴ア正勝教授、福山透教授、長野哲雄教授、小田嶋和徳助教授. 被引用数: >1.

Motonori Tsuji.* Synthesis and Plant Growth Regulation Activity of N-Acyl-L-proline Derivatives九州大学、農学修士、第1964号、63頁(欧文)、1992327主査:江藤守総教授、谷口栄二教授、桑野栄一助教授.

Motonori Tsuji.* Synthesis and Biological Activity of Abscisic Acid Mimics九州共立大学、工学士、第3398号、45頁(欧文)、1990320主査:吉川博道教授.

 

 


学会発表


招待講演

分子機能研 ○辻一徳. 反応面選択性を支配する軌道相互作用理論、核内レセプターリガンド結合領域正準フォールドに関わる局所モチーフ理論、核内レセプターリガンド認識におけるドライビングフォース、そして構造ベース創薬支援システムの開発. 企業研究会招待講演、2008年1月、東京表参道「アイビーホール青学会館」.

 

一般講演等

分子機能研 辻一徳. インシリコ創薬システム、Docking Study with HyperChem(DSHC)とHomology Modeling Professional for HyperChem(HMHC)による創薬基盤技術の高度化、日本コンピュータ化学会、2018年6月.

分子機能研 ○辻一徳. AF-2固定モチーフ摂動メカニズム:レチノイドXレセプターアンタゴニストの活性コンフォメーションとドッキングモード、日本薬学会年会、2018年3月.

分子機能研、日本医薬情報センター、東京医科歯科大 ○辻一徳、首藤紘一、影近弘之. ドッキング、QM/MM、全系量子力学計算によるレチノイドのレセプターサブタイプ選択性識別:ATRAは内因性RXRリガンドとして作用する、第28回日本レチノイド研究会学術集会、2017年11月.

分子機能研 ○辻一徳. ヘリックス3三点初期結合仮説:核内受容体スーパーファミリーのリガンド結合領域におけるリガンド補足メカニズムとアポ体からホロ体への構造遷移に関する理解、日本薬学会年会、2017年3月.

分子機能研 ○辻一徳. ビシクロ系における最高被占分子軌道の幾何学的依存:ビシクロオレフィンの反応面選択性の起源、日本薬学会年会、2016年3月.

分子機能研 ○辻一徳. 核内受容体リガンド結合領域正準構造に関わる局所モチーフ構造とその機能、日本薬学会年会、2015年3月.

分子機能研 辻一徳. (共同)、構造ベース創薬支援システム(Virtual Screening SystemDocking Study with HyperChemHomology Modeling for HyperChemONIOM Interface for ReceptorGaussian Interface for HyperChem)出展、第8回日本蛋白質科学会年会、20086.

分子機能研 辻一徳.(共同)、構造ベース創薬支援システム(Virtual Screening SystemDocking Study with HyperChemHomology Modeling for HyperChemONIOM Interface for ReceptorGaussian Interface for HyperChem)出展、日本薬学会第128年会、20083月.

分子機能研 辻一徳.(共同)、構造ベース創薬支援システム(Virtual Screening SystemDocking Study with HyperChemHomology Modeling for HyperChemONIOM Interface for ReceptorGaussian Interface for HyperChem)出展、第45回日本生物物理学会、200712.

分子機能研 辻一徳.(共同)、構造ベース創薬支援システム(Virtual Screening SystemDocking Study with HyperChemHomology Modeling for HyperChemONIOM Interface for ReceptorGaussian Interface for HyperChem)出展、第30回日本分子生物学年会・第80回日本生化学会大会合同大会、200712.

分子機能研 辻一徳.(共同)、構造ベース創薬支援システム(Virtual Screening SystemDocking Study with HyperChemHomology Modeling for HyperChemONIOM Interface for ReceptorGaussian Interface for HyperChem)出展、日本薬学会第127年会20073.

分子機能研 辻一徳.(共同)、構造ベース創薬支援システム(Virtual Screening SystemDocking Study with HyperChemHomology Modeling for HyperChemONIOM Interface for ReceptorGaussian Interface for HyperChem)出展、日本分子生物学会2006フォーラム、200612.

分子機能研 辻一徳.(共同)、構造ベース創薬支援システム(Virtual Screening SystemDocking Study with HyperChemHomology Modeling for HyperChemONIOM Interface for ReceptorGaussian Interface for HyperChem)出展、日本コンピュータ化学会、20066.

東大院薬 太田公規、辻一徳、河内恵美子、深澤弘志、影近弘之; 東大分生研 橋本祐一. 核内レチノイド受容体に作用するピリミジンカルボン酸、日本薬学会年会、2000年3月.

東大院薬  Ebisawa, MasayukiTashima, ToshihikoTsuji, MotonoriFukasawa, HiroshiKawachi, EmikoHashimoto, YuichiShudo, KoichiKagechika, Hiroyuki. Novel Retinoids Having a Thiazolidinedione Group216th ACS National MeetingBoston19988.

東大院薬 Ohta, KiminoriTsuji, MotonoriKawachi, EmikoFukasawa, Hiroshi Hashimoto, YuichiShudo, KoichiKagechika, Hiroyuki. Novel Diphenylamine Derivatives with Potent Retinoid Synergistic Activity216th ACS National MeetingBoston19988.

東大院薬 太田公規、辻一徳、河内恵美子、深澤弘志、影近弘之、首藤紘一; 東大分生研 橋本祐一. 新規レチノイド制御化合物の創製、日本薬学会年会、1998年3月.

東大院薬 ○辻一徳、大和田智彦、首藤紘一. Diels-Alderジエンのπ面選択性、日本薬学会年会、1997年3月.

東大院薬 ○辻一徳、大和田智彦、内山真伸、首藤紘一; 千葉大分析 山口健太郎. ビシクロ[2.2.2]オクテンにおけるπ面選択性へのシクロプロパン環の効果、日本薬学会年会、1996年3月.

東大院薬 ○辻一徳、大和田智彦、首藤紘一. π―π軌道相互作用によるπ面非等価の立体選択性に及ぼす影響、日本薬学会年会、1995年3月.

東大院薬 島崎英夫、辻一徳、影近弘之、河内恵美子、首藤紘一. アミドの立体化学を活用した新規レチノイドの合成と活性、日本薬学会年会、1994年3月.

東大院薬 ○辻一徳、大和田智彦、首藤紘一. アロマティックスピロケトン及びオレフィンにおけるπ面選択性、日本薬学会年会、1994年3月.

九大院農 ○辻一徳、桑野栄一、斎藤哲哉、江藤守総. N-アシル-L-プロリン誘導体の幼根伸長促進活性、日本農芸化学会年会、1991年3月.

九大院農 ○辻一徳、桑野栄一、江藤守総. プロリン誘導体の植物生育に及ぼす影響、植物化学調節学会年会、1991年3月.

 

 


報道関係資料


 

量子力学計算により医薬品の受容体サブタイプ選択性の予測・再現に成功、2017年2月15日.

核内受容体スーパーファミリーにおけるリガンド認識機構の原理の解明に成功、2015年11月4日.

有機化学反応における重要未解決問題である反応面立体選択性の本質的原理の解明に成功、2015年4月17日.

アミノ酸配列(一次構造)からタンパク質の立体構造(三次構造)が形成されるメカニズムの一端を原子・電子レベルで解明することに成功、医薬品や農薬が効果を示すメカニズムの一端を明らかにした、2013年12月23日.

分子機能研究所(Institute of Molecular Function)がコンピュータ上で医薬候補化合物をスクリーニングできるシステムを国産としては初めて国内外の一般市場で販売開始する、20061116.

 分子機能研究所(Institute of Molecular Function)が、疾患に関わるタンパク質の立体構造のみから、その疾患に対する医薬候補化合物を高精度に予測できる世界初の革新技術を開発、200658.

 Institute of Molecular Functionが「HyperChem」から「Gaussian」を実行するためのインターフェイス「Gaussian Interface for HyperChem」を開発、これにより世界最強計算化学環境を実現、2005822.

 Institute of Molecular Functionが高性能タンパクモデリング支援システム「Homology Modeling for HyperChem」を開発、2005711.

 

 


記事(取材を受けたもの)


 

CCSNews、2018年3月9日.

化学工業日報、2017年6月21日、9面.

CCSNews、2017年5月17日.

CCSNews、2017年3月16日.

化学工業日報、2016年6月24日、9面.

CCSNews、2015年12月29日.

化学工業日報、2015年6月25日、9面.

CCSNews、2015年5月8日.

CCSNews、2014年2月8日.

 化学工業日報、2008626日、6.

 化学工業日報、2007629日、6.

 国際グラフ、 20072月、290号、53.

 化学工業日報、20061124日、9.

CCSNews20061121.

 化学工業日報、2006629日、6.

 化学工業日報、2006530日、9.

 CCSNews2006527.

 化学工業日報、200615日、8.

CCSNews20051228.

 化学工業日報、2005128日、5.

 化学工業日報、20051031日、9.

 CCSNews20051027.