分子機能研究所

 

English

 

ホーム

製品紹介

チュートリアル

価格

ご注文・お見積り

ダウンロード

サポート

ご登録

よくある質問

リンク

お問い合わせ

 

 

 

  最終修正日

  2019/02/08

 

低分子理論有機化学研究 核内レセプター研究 構造バイオインフォマティクス研究 創薬化学研究

高性能、高機能タンパクモデリング機能解析システムHomology Modeling for HyperChem 史上最強計算化学環境Gaussian Interface for HyperChem 世界初完全自動インターラクティブONIOM法インターフェイス 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術を搭載 完全GUIベース分子2D-3D変換プログラム 比類なき構造ベース創薬支援システム AutoDock Vinaインシリコスクリーニングインターフェイス 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術 有機合成化学者のための論理的ドラッグデザイン MFDD インシリコ創薬受託サービス HyperChem取り扱い

製品紹介

 

製品関連

受託研究・共同研究(MFDDインシリコ創薬受託サービス)

依頼講演・セミナー・出張講義

 

製品関連

分子モデリング・インシリコ創薬支援システム

構造ベース創薬支援システムフロー (Structure-based Drug Design)

標的疾患(関連遺伝子)       構造ベース創薬支援システム
     
標的アミノ酸配列 タンパク質ホモロジーモデリング Homology Modeling for HyperChem
  生体高分子システム立体構造精密化   Gaussian Interface for HyperChem
     
標的生体高分子立体構造 in silico スクリーニング AutoDock Vina Screenings Interface
  化合物データベース整備   Docking Study with HyperChem
  リガンド結合部位予測    Virtual Screening System
     
生体子分子−リガンド複合体構造 複合体解析 Docking Study with HyperChem
  精密ドッキング解析   ONIOM Interface for Receptor
      Gaussian Interface for HyperChem
     
リード化合物 リード最適化 AutoDock Vina Screenings Interface
      Docking Study with HyperChem
       Virtual Screening System
医薬候補化合物        

製品パッケージ

パッケージ

モジュールプログラム

Revision H1 Revision H1
プロフェッショナル版 単一〜最大1万化合物のパッケージグレード
コントロールセンター

水素原子初期座標評価

 
幾何学修正

ホモロジーモデリング
プロフェッショナル版

 
インターフェイス選択

タンパク重ね合わせ  
周辺モデリング
プロフェッショナル版
 
ONIOM インターフェイス  
Gaussian インターフェイス  
ラマチャンドランプロット  
束縛  
側鎖ロータマーモデリング
プロフェッショナル版
 
トラジェクトリー解析  
PIEFF    

同時予測可能原子数1000〜

ドッキングスタディー    

単一〜最大1万化合物

ドックビューア    
Mol Dimension    

単一〜最大1万化合物

Mol ブラウザ    
AutoDock Vina インシリコスクリーニング インターフェイス  AutoDock Vina In Silico Screenings Interface   

無制限

Homology Modeling Professional for HyperChem
マニュアル(日本語)
   
Homology Modeling Professional for HyperChem
マニュアル2(日本語)
   
Homology Modeling Professional for HyperChem
リファレンス(日本語)
   
Docking Study with HyperChemマニュアル(Virtual Screening System対応; 日本語)    
Docking Study with HyperChemマニュアル2(Virtual Screening System対応; 日本語)    

Docking Study with HyperChemパッケージグレード

グレード

モジュールプログラム

Essential Premium Essential Professional Advanced Ultimate Cluster
コントロールセンター   非制限版 非制限版 非制限版 非制限版 非制限版 非制限版
幾何学修正   非制限版 非制限版 非制限版 非制限版 非制限版 非制限版
PIEFF   制限版 制限版 制限版 制限版 制限版 非制限版
Docking Study   単一化合物 最大10化合物 最大100化合物 最大1,000化合物 最大10,000化合物 無制限、クラスター対応
Dock Viewer   無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
Mol Dimension   単一化合物 最大10化合物 最大100化合物 最大1,000化合物 最大10,000化合物 無制限、クラスター対応
Mol Browser   無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
AutoDock Vina Screening Interface AutoDock Vina In Silico Screenings Interface 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限

必要なソフトウェア*,**

ソフトウエア 開発元 特徴 関連サイト
HyperChem for Windows 世界が認める最強の分子モデリング環境 HyperChem概要

HyperChem機能詳細サイト

使用期間限定評価版(完全版)の入手方法
Gaussian for Windows 世界が認める最強の計算化学環境 必須ではありませんが、Homology Modeling Professional for HyperChemの全機能を利用する場合に必要です
TclPro1.2 for Windows   HyperChem搭載開発言語 ダウンロードサイト(無料)

*HyperChemはHypercube, Incの登録商標です。**GaussianはGaussian, Inc.の登録商標です。

書籍

タイトル 備考
Homology Modeling Reference for HyperChem Homology Modeling for HyperChem, Revision A2(旧製品 )のリファレンスマニュアル

 

受託研究・共同研究(MFDDインシリコ創薬受託サービス)

インシリコ創薬、計算化学、分子設計、ドラッグデザイン、分子シミュレーション、機能・物性予測、メカニズム解析等

対応可能技術(一例)
ホモロジーモデリング(タンパク質、タンパク質−低分子複合体、タンパク質−タンパク質複合体、タンパク質−核酸複合体、等)
二次構造予測
立体構造予測
分子動力学シミュレーション(タンパク質、核酸、低分子、等)
リガンド結合部位予測(タンパク質、核酸)
精密ドッキングスタディー(生体高分子−低分子、生体高分子−生体高分子、生体高分子−ペプチド、等)
生体高分子システムモデリング(タンパク質、核酸、低分子、金属原子、水から成る複合体、等)
インシリコスクリーニング(構造ベーススクリーニング、等)
化合物データベース作成、化合物ライブラリ構築(低分子、等)
ドラッグデザイン(リード最適化、等)
類似構造探索、類似化合物検索(リガンドベーススクリーニング)
分子設計(低分子、等)
量子化学計算(低分子、タンパク質−低分子、核酸−低分子、等)
QM/MM計算(低分子、タンパク質−低分子、核酸−低分子、等)
その他(メカニズム解析、等)

受託研究・共同研究:約15年間の豊富な実績と信頼があります。

自社や他社サービスで諦めたテーマでも分子機能研究所の独自技術が解決します。国際査読誌に受理されている独自技術とこれに基づく独自製品を研究開発できる分子機能研究所が直接実施するため、短期納期でかつ圧倒的業界最安値で費用対効果も抜群です。アカデミック価格も用意しています。

実績一覧 (一例として、2008年にはScience誌に受託研究成果を発表しています)

受託研究・共同研究先

 

依頼講演・セミナー・出張講義

内容(一例)
お客様のテーマに合わせたHyperChemの使用方法
お客様のテーマに合わせたHomology Modeling Professional for HyperChemの使用方法
お客様のテーマに合わせたDocking Study with HyperChemの使用方法
Homology Modeling Professional for HyperChemによるタンパクホモロジーモデリングと生体高分子システムの構造精密化
Gaussian ONIOMインターフェイスを用いたQM/MM計算とフラグメント分子軌道法による生体高分子システム全系量子化学計算の実践
Docking Study with HyperChemによる精密ドッキングスタディーとバーチャルスクリーニング、構造活性相関の実践
AutoDock Vinaインシリコスクリーニングインターフェイスを用いた市販化合物データベースの探索
AutoDockおよびAutoDock Vinaの概要と使用方法、フリーソフトだけで実施する構造ベースドラッグデザイン
その他

大学、大学院、高校、国立・独立法人研究機関、民間企業での講義経験の実績があります。

2〜4時間程度の依頼講演・セミナーを1名以上の参加で適宜受け付けています。大学での出張講義などにも利用していただけます。

希望内容、費用、日程などのお問い合わせはこちらまで

タンパク質科学・基礎編講義 医薬品化学講義

 

 

 

サイトマップ

Copyright (C) 2004-2019 Institute of Molecular Function. All Rights Reserved.