分子機能研究所

English

                

 

 

   最終修正日

   2018/06/19

 

低分子理論有機化学研究 核内レセプター研究 構造バイオインフォマティクス研究 創薬化学研究

核内レセプタースーパーファミリー

高性能、高機能タンパクモデリング機能解析システムHomology Modeling for HyperChem 史上最強計算化学環境Gaussian Interface for HyperChem 世界初完全自動インターラクティブONIOM法インターフェイス 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術を搭載 完全GUIベース分子2D-3D変換プログラム 比類なき構造ベース創薬支援システム AutoDock Vinaインシリコスクリーニングインターフェイス 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術 有機合成化学者のための論理的ドラッグデザイン HyperChem取り扱い

核内受容体

核内受容体を標的とした構造ベース薬物設計のためのページです。

特に、ビタミンA活性本体であるレチノイン酸の受容体構造に基づくコンピュータ支援によるアナログ(レチノイド)合成と生物活性(薬理活性)を中心とした研究を行っている。

 

ビタミンA酸(レチノイン酸)

ビタミンAの活性本体であるレチノイン酸はがん細胞の増殖を抑え、正常な細胞へと分化誘導させる、がん特効薬になると考えられている。そのメカニズムは核内に存在する核内受容体スーパーファミリーと呼ばれる一群の転写因子を介した遺伝子の転写制御である。ビタミンA(レチナール)は夜盲症で有名なように、視覚に関わるロドプシンとの関係が良く知られているが、ビタミンAの活性本体であるレチノイン酸は1980年代中ごろから生命の形を司る仮想の物質、モルフォゲンと考えられてきた。天然のビタミンA(レチノール)に対して、人工的に有機合成で合成された化合物群をレチノイドと呼び、がんをはじめ、様々な疾患の治療薬として開発が行われている。最近では、GPCR(Gタンパク質共役受容体)のように膜たんぱく質を介してシグナル伝達で遺伝子の転写を制御するメカニズムが知られるようになってきており、これをノンゲノミック作用と呼び、核内に存在する核内受容体に直接結合して作用を発揮するメカニズム(ゲノミック作用)と異なるメカニズムも知られてきている。現在、レチノイドの開発は受容体の立体構造を利用して、合理的に構造ベースで薬物設計されている。急性前骨髄性白血病治療薬としてトレチノイン、タミバロテン、抗悪性腫瘍薬としてベキサロテンが国内で承認されている。

レチノイン酸パスウェイ

 

核内受容体:最新構造学

量子力学計算によるレセプターサブタイプ選択性の起源

Motonori Tsuji, et. al. FEBS Open Bio., 7, 391-396, 2017, DOI: 10.1002/2211-5463.12188.

全系量子力学計算によるレセプターサブタイプ選択性起源の解明

核内受容体スーパーファミリーにおけるリガンド認識機構の原理

Motonori Tsuji. J. Mol. Graph. Model., 62, 262-275, 2015.

ヘリックスH3三点初期結合仮説

RXRa LBD - 9cRA リガンドエントリーRXRa LBD - 9cRA リガンドエントリー

 

核内受容体リガンド結合領域フォールディングメカニズム、アゴニズム・アンタゴニズム理論

Motonori Tsuji. J. Struct. Biol., 185, 355-365, 2014.

核内受容体リガンド結合部位フォールディングメカニズム、アゴニズム・アンタゴニズム理論

 

核内受容体:最新分子機構

核内受容体アゴニズム・アンタゴニズムメカニズムの量子論による解明

Motonori Tsuji. J. Comput. Aided Mol. Des., 31, 577-585, 2017, DOI: 10.1007/s10822-017-0025-6.

アンタゴニストAF-2固定モチーフ摂動メカニズム

 

核内受容体分子機構の定説を覆す仮説を提唱

Motonori Tsuji. et. al., J. Comput. Aided Mol. Des., 29, 975-988, 2015.

定説を覆す核内受容体分子機構の提唱

 

核内受容体:論理的リガンド設計

Motonori Tsuji.有機合成化学者のための論理的ドラッグデザイン

ジフェニルアミン誘導体のアッセイ結果

 

人レチノイドXレセプターアゴニスト設計

レチノイドXレセプターアゴニスト設計

 

人レチノイドXレセプターアンタゴニスト設計

レチノイドXレセプターアンタゴニスト設計

 

核内受容体:ホモロジーモデリング

人アンドロゲンレセプターDNA結合領域のホモロジーモデリング

アンドロゲンレセプターDNA結合領域ホモロジーモデリング

 

人ミネラルコルチコイドレセプターリガンド結合領域のホモロジーモデリング

ミネラルコルチコイドレセプターリガンド結合領域ホモロジーモデリング

 

核内受容体:結晶構造解析

PDBデータバンクに登録された核内ホルモンレセプター結晶構造を構造情報をもとに分類したデータベースです。アクセスはご自由です。

解析核内レセプター結晶構造データベース

  

核内受容体:最新リガンド学

近日公開予定

  

他の情報サイト

 Nuclear Receptor (ジャーナル)

 EMBL Sequence Database

 Binding Database

 

タンパク構造化学に戻る

 

 

サイトマップ

Copyright (C) 2004-2018 Institute of Molecular Function. All Rights Reserved.